1. HOME
  2. 中国 【新エネルギー】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

中国
【新エネルギー】

中国 新エネ車補助金が2019年に40%引き下げか 消息筋 (18/11/05)
2018/11/5
中国【新エネルギー】

 今年7月、中国の新エネ車補助金が30%引き下げらるとのブルームバーグ報道は、新エネ車企業と車載電池企業に小さからぬ衝撃を与えたが、実際にはもっととんでもない状況になりそうである。消息筋からの情報によると、新エネ車補助金は2019年に40%引き下げられるとのこと。新たな補助金政策は今年12月にも公布される見通しである。

 某完成車企業の幹部によると、財政部や工業情報化部など関係所管省庁はすでに補助金のさらなる引き下げでコンセンサスに達している。最終案もすでに提出され、間もなく正式公布される公算である。

 「来年には新エネ車補助金は全体的に40%引き下げられ、2020年にはさらに40%引き下げられて、最終的には撤廃される」。匿名希望の自動車企業の幹部は電池中国網の取材に対してこう明かした。

 また、消息筋は「航続距離の短い乗用車への補助金は撤廃され、同時に航続距離の長い乗用車への補助金も一段階引き下げられる。航続距離400キロ以上の今年の補助金は1台につき5万元だが、2019年には4万元になる。航続距離300〜400キロの補助金は今年の4.5万元から来年には3.4万元になる公算だ」と明かした。ブルームバーグの前出の報道によると、2019年の新しい補助金政策では航続距離200キロ以下の電気自動車への財政補助金は撤廃される。電池中国網の予想では、航続距離200キロ以下のEV乗用車は2019年から補助金がなくなる確率が高い。

 また、前出の消息筋によると、非急速充電系のEVバスへの補助金は1,200元/kWhから800元/kWhに引き下げられる。

 財政部の関係者によると、新政策は2019年年初より正式施行され、同時に「新エネ車普及応用推薦車種リスト」も調整される。

 (電池中国網 11月5日)