1. HOME
  2. 中国 【新エネルギー】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

中国
【新エネルギー】

中国がバイオ天然ガスをエネルギー発展戦略に盛り込む (18/12/18)
2018/12/18
中国【新エネルギー】

 国家能源局は先頃、各省及び中央企業(国務院国有資産監督管理委員会が管理する国有企業)9社に対し「国家能源局総合司のバイオ天然ガス発展中長期計画の起草要請に関する通達」を示達した。同通達によると、各地の都市と農村の廃棄物資源や天然ガス市場等について全面的に分析した上で、経済と社会の発展、農村振興や生態系保護等の発展動向と結びつける形で、2030年を視野にバイオ天然ガス発展の中長期的計画を策定することになる。

 「スタートしたばかりのバイオ天然ガス産業にとっては絶対に大きな追い風になる」と中国産業発展促進会バイオマスエネルギー産業分科会の張大勇常務副秘書長は言う。政府がバイオ天然ガスをエネルギー発展戦略と天然ガス生産・供給・販売体系に組み入れるのは初めてであり、今後のバイオ天然ガスの支援政策が制度レベルで保障され、差別なき受入問題も解決できるようになる。

 今回の通達は各省及び中央企業9社に対して次のように要請している。

  • 各省は所轄地域の資源を総合的に計画してバイオ天然ガス産業の発展を進める。
  • 中国船舶重工集団や中国海洋石油など環境保護及びエネルギー業務セクターを有する中央9社はそれぞれの状況に基づき、全国の資源及び事業部署を総合的に計画した上で、各企業のバイオ天然ガス発展中長期契約を策定する。
  • 各省及び中央企業9社は2030年までのバイオ天然ガス計画と事業部署を提示する。事業部署は県(又は県クラスの行政区)において具体的に実行に移す。農業廃棄物又は家畜・家禽の排泄物を原料とする事業は1件当たりのガス生産量を1〜3万m3/日とする。同一の県クラス行政区において、資源状況に基づき複数の事業を部署する。県ごとに事業に利用できる都市・農村廃棄物の資源総量及び各種資源量を提示する。

 張大勇氏の見方によると、上掲の要請は工業化事業としてのスケールメリットを考慮するとともに、資源収集の半径をも勘案したものである。

 業界関係者によると。今回の計画起草が従来と異なる点は、各省に対し所轄区域の資源を総合的に計画してバイオマス天然ガス産業を発展させるよう求めていることである。また、環境保護及びエネルギー業務セクターを有する中央企業9社についてはそれぞれの状況に基づき、全国の資源及び事業部署を総合的に計画した上で各企業のバイオ天然ガス発展中長期契約を策定するよう求めている。このことは、国が環境保護、民生、「三農」(農業・農村・農民)プロジェクト及び都市・農村インフラの一環としてバイオ天然ガスプロジェクトの部署と建設を進めようとしていることを示す。つまり、バイオ天然ガスを電力と同じように国の普遍的なサービスシステムとして位置づけ、より多くの農村人口が農村エネルギー革命と居住環境整備からの改革ボーナスを享受できるようにするものである。国が農村振興戦略において中央企業と地方国有企業にもっと多くの社会的責任を負わせようとしていることは明瞭である。
 
 (国家石油化工網 12月18日)