1. HOME
  2. 中国 【石油・天然ガス】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

中国
【石油・天然ガス】

2019年1月期の中国の天然ガス輸入量は980.9万トン 過去最高を記録 (19/02/15)
2019/2/15
中国【石油・天然ガス】

 税関総署が2月14日に発表した最新統計によると、2019年1月期の中国の天然ガス輸入量は980.9万トンに上り、過去最高を記録した。対前年同月比の伸び率は26.8%。輸入額は48.6億ドル(335.1億元)、前年同月に比べ59.1%の上昇になった。

 2019年1月の天然ガス平均輸入単価は495.9ドル/トン(3,620.1元/トン)、前年同月に比べ103.1ドル/トン、26.2%上昇した。

 数量的には1月の中国の天然ガス輸入量は過去最高となった。冬季の暖房需要により中国の天然ガス輸入量は高い水準を維持した。今年1月、低気温が続く中でトルクメニスタン国営天然ガスコンツェルンからの天然ガス供給が一時激減し、市場はパニックに陥った。市場の安定を図るとともに2月の春節休暇期間の天然ガス需要を保障するため、1月の天然ガス輸入量は高い水準にあった12月の923.3万トンからさらに56.2万トン増え、伸び率は6.2%になった。

 輸入単価を見ると、2018年12月の500.3ドル/トンに比べると1.0%下がったが、前年同月比では大幅な上昇になった。業界関係者の見方によると、需要が押し上げたとともに、油価の上昇も天然ガス輸入単価に一定の影響を及ぼした。

 国内からの天然ガス供給が下がる中、天然ガス輸入量の大幅な増加に伴って、中国の天然ガス対外依存度も大幅に上昇している。中国石油天然ガス集団(CNPC)経済技術研究院が発表した『2018年国内外石油ガス産業発展報告』は「2018年の天然ガス輸入量は1,254億m3に達する見通しであり、ほぼ300億m3の増加になり、対外依存度は2017年より6.2ポイント高い45.3%になる」としている。また、同レポートは2019年も中国の天然ガス需要は伸び率がやや下がるものの、依然急速な増加が続き、輸入量も高い伸びを維持すると予想している。

 (中国能源網 2月15日)