1. HOME
  2. アジア 【石油・天然ガス】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

アジア
【石油・天然ガス】

ミャンマーの天然ガス価格が2014年末比で39%もの大幅下落 (16/05/17)
2016/5/17
アジア【石油・天然ガス】

 ミャンマー電力エネルギー省によると、ミャンマーの天然ガス価格は2014年12月の11ドル/MMBTUから2016年には6.7ドル/MMBTUに下がった。現在も下落が続いており、下落幅はすでに39%に達している。ミャンマー電力エネルギー省は国際市場価格をベースにして3ヵ月毎に各大手企業と販売契約を結んでいる。

 価格の下落ともに、輸出量の低下も続いており、タイがゾーティカ鉱区から購入する天然ガスは以前の1日当たり4億cftから2億cftに下がり、中国がシュエ鉱区から購入する天然ガスは1日当たり6億cftから3億cftに下がった。ミャンマーの天然ガスは主にイェーダグン、ヤダナー、ゾーティカ、シュエの4ヵ所の近海天然ガス鉱区で産出され、これら4鉱区の天然ガス埋蔵量は約16兆cftに上る。現在4鉱区の1日当たりの天然ガス採掘量は約20億cftに上る。ミャンマーは前政権時代に38ヵ所の石油ガス鉱区を対象に国際入札を執行、現在、稼動済みの鉱区は18ヵ所、探査中の鉱区は20ヵ所になる。

 (中国管道商務網 5月17日)