1. HOME
  2. 中国 【石炭】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

中国
【石炭】

石炭価格回復で中国神華が2017年上期に大幅増益を実現 (17/08/28)
2017/8/28
中国【石炭】

 8月25日、中国神華股份有限公司は2017年上半期業績を発表した。2017年上半期の中国神華の営業収入は1,205億元、前年同期比53%増、純利益は243億元、前年同期比147%増になった。中国神華の公告によると、大幅増益の原因には、石炭市場価格が前年同期の水準を大幅に上回ったこと、石炭販売量が増加したこと、中国国内の電力消費量が増加したことがある。

 全体的に見て、中国神華の今年上半期の収益の中で石炭収益のシェアが上昇し、発電と運輸業務のシェアが低下した。経営収益に占める比率は、2016年上半期には石炭20%、発電39%、運輸42%であったのが、2017年上半期は、石炭63%、発電9%、運輸27%に変化した。

 石炭価格の上昇は中国神華に相当大きい収益をもたらした。過剰生産能力解消等の政策調節の下で、石炭価格は昨年下半期から急速に上昇に転じ、今年上半期には若干の下落はあったものの、比較的高い価格水準を維持した。上半期の環渤海一般炭平均価格指数は590元/トン、前年同期比52.6%上昇し、中国神華の平均販売価格は425元/トン、前年同期比56.8%上昇した。中国神華の上半期の商品炭生産量は1.5億トン、前年同期比8.6%増加し、石炭販売量は2.2億トン、前年同期比18.4%増加した。また、石炭販売量の増加を受けて、上半期の中国神華の自前の鉄道運輸回転量は1,360億トン・キロに達し、前年同期比13.9%増になった。

 また、今年上半期の中国の全社会電力消費量の伸び率は前年同期より3.6ポイント高い6.3%になり、中国神華の売電量の増加を促した。中国神華の上半期の総発電電力量は1,200億kWh、前年同期比9.9%増になり、総売電量は1,100億kWh、10.1%増になった。

 なお、8月7日には中国神華傘下の神華包頭CTO高度化実証事業が承認された。この事業は年産75万トンの石炭由来ポリオレフィンプラントを建設し、事業総額は171.5億元に達する。

 (中国能源網 8月28日)