1. HOME
  2. その他地域 のエネルギー
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

その他地域
のエネルギー

2015年の世界の石炭生産量は前年比4%のマイナス (16/06/13)
2016/6/13
その他地域のエネルギー

 BP中国オフィシャルサイトにおいて6月8日に発表された《BP世界エネルギー統計年鑑》によると、2015年の世界の石炭総生産量は78.61億トン、前年比4%のマイナスになった。生産量が1億トンを超えた国は10ヵ国、1位から順に、中国、米国、インド、オーストラリア、インドネシア、ロシア、南アフリカ、ドイツ、ポーランド、カザフスタン。

 石炭消費の減少は中国経済のリバランスと減速に起因する。中国の2000〜2014年の石炭需要の年平均伸び率は8%であったが、それがわずか0.2%に下がり、2030年には石炭総需要が低下する。

 それでも中国は依然として世界最大の石炭市場であり、2035年になっても世界の石炭のほぼ半分を消費する。石炭消費の伸び(4.3億toe)が最も大きかったのはインドであり、米国に次ぐ世界第2の石炭消費国になった、インドの石炭消費需要の新規増加分は電力事業に投入された。

 米国と欧州のOECD諸国の石炭需要は50%以上下がると予想される。その理由として、天然ガス供給の充足、再生可能エネルギーのコスト低下、環境法規の厳格化などが挙げられる。

 (中国煤炭資源網 6月13日)