1. HOME
  2. 中国 【原子力】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

中国
【原子力】

ウェスチングハウスが破産法申請 中国はすでにAP1000技術を掌握済み (17/03/31)
2017/3/31
中国【原子力】

 世界の原子力発電の元祖であり、130年の歴史を有する原子力発電大手ウェスチングハウスが破産法の適用を申請した。

 北京時間3月29日深夜、国家電力投資集団とウェスチングハウスの上層部は緊急電話会議を開き、ウェスチングハウスの破産申請は中国のAP1000事業の推進と完成に影響することはないとの意見で一致した。

 国家電力投資集団傘下の国家核電技術公司はAP1000の自主化の実施主体である。AP1000は世界最先進の第三世代原子力発電技術として認められている。2006年、中国はウェスチングハウスからAP1000を導入を決定し、重点的に発展させる主力技術とした。現在、中国で4基のAP1000事業が着工済みである。

 国内の某原子力発電企業の消息筋は第一財経日報の記者に対し、「ウェスチングハウスがあろうがなかろうが心配はない」と表明し、ウェスチングハウスの破産が中国の関連原子力発電事業に影響することは基本的にないとした。

 複数の権威筋に対する第一財経日報の取材によると、中国は長年の消化・吸収を経て、すでにAP1000技術を掌握している。

 AP1000事業は米中間のエネルギー分野における最大規模の協力事業になる。

 第一財経日報の記者が知り得たところによると、AP1000の技術移転は基本的に完了している。また、ウェスチングハウスは国家核電に対し45,000時間以上に上る技術コンサルティングサービスを提供してきた。ウェスチングハウスは今後も引き続き、燃料の製造と設計、運営及び保守サービス等の分野でコンサルティングサービスを提供することになる。

 但し、浙江省の三門原子力発電所と山東省の海陽原子力発電所のAP1000事業は2009年に着工されたが、建設の進展は順調ではない。従来は2013年に予定されたいた三門原子力発電所1号機の竣工はすでに4年近く遅れている。一部のキーテクノロジー上の難題が未だ解決されていないためである。

 「AP1000は新しい技術であり、三門原子力発電所1号機は世界初のAP1000事業になる。建設過程であれやこれやの難題に直面することも避けがたい」。AP1000と三門原子力発電所1号機を熟知している専門家が明かす。

 三門原子力発電所1号機の竣工延期の影響で、AP1000を採用する他の原子力発電事業にも障害が出る。こうした中、中国の原子力発電業界ではウェスチングハウスに対する疑惑が出てきた。「三門原子力発電所1号機が遅れ未だに発電を開始できないため、CAP1400の実証事業の着工も影響を受けている」と原子力発電関係者は第一財経日報に対して指摘した。CAP1400はAP1000をベースに研究開発を行ったものであり、中国が独自知財権を備え、出力がより大きい第三世代原子力発電技術になる。

 「国家核電とウェスチングハウスは努力を続けている」と国家核電に近い消息筋は第一財経日報記者に明かした。山東栄成原子力発電所のCAP1400実証事業は国家発展改革委員会から予察事業の展開を承認されている。

 (第一財経日報 3月31日)