1. HOME
  2. 中国 【石油・天然ガス】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

中国
【石油・天然ガス】

中国 需要増加で天然ガス価格が大幅に高騰 (17/12/05)
2017/12/5
中国【石油・天然ガス】

 最近、天然ガス価格の高騰が続き、価格は次々と過去最高を更新している。国産LNG市場価格はすでに8,000元/トンを超えている。アナリストによると、今年に入ってから、環境保護対策が強化され、「煤改気」(石炭焚きボイラー等を天然ガス燃料に転換すること)が急速に進み、天然ガス消費が爆増している。今後、天然ガス価格の上昇は緩やかになるものの、高い水準を持続すると予想される。

 浙商証券のアナリスト呉棟棟氏によると、今年冬の天然ガス需給ギャップには主に2つの要因がある。第1に「煤改気」政策の推進によって、天然ガスの供給が需要に追い付かなくなり、価格高騰を招いた。第2に天然ガスインフラ建設の後れが天然ガス産業の発展を制約している。

 発展改革委員会の統計によると、今年1〜10月の天然ガス消費量は1,865億m3、前年同期比18.7%増になった。一方、同期の国内天然ガス生産量は1,212億m3、前年同期比11.2%増、天然ガス輸入量は722億m3、27.5%増になった。

 CNPC経済技術研究院の専門家の見通しによると、今年通年の天然ガス消費量は2,300億m3になり、増加量は330億m3、前年比17%増になる。増加分のうち200億m3近くは「煤改気」によるものである。

 需要の爆増が集中的に進んだことで、供給不足が激化した。現在、天然ガス供給の制限は工業、商業から民生分野にまで広がっている。発展改革委員会は先頃通達を発し、関連する省・自治区の価格所管部門がLNG生産流通企業に対し価格行為を規範化するよう警告することを求めた。

 民生証券のアナリストによると、天然ガス価格の上昇は緩やかになるものの、需要を満たすことが難しい状況にあっては、天然ガス価格は高い水準を持続することになる。今年に入ってから、環境保護対策が強化され、「煤改気」が持続的に進み、天然ガス消費に爆発的増加が発生した。2016年のLNG純輸入量は361.4億m3、前年比32.6%増になり、対外依存度は34.3%に上昇した。「煤改気」の推進によって冬季の供給不足が広がると予想される。こうした状況では、天然ガス自給率は死活的に重要になる。

 呉棟棟氏は次のように指摘する。今年冬の天然ガス需要は未だピークに達していないが、供給サイドは力不足である。需要の爆増に伴い、天然ガスインフラ建設の後れが表面化しきた。LNGターミナル、ガス貯蔵施設、パイプライン網とその設備などさらに向上させる余地は大きい。夏季のオフシーズンには一部設備の利用率は下がるが、オンシーズンの需要を保障することは難しく、ピークとオフピークの調節能力が乏しい。天然ガスインフラ建設は今後急速に進む見込みであり、天然ガスのエンジニアリングや貯蔵・輸送設備関連企業に恩恵が及ぶだろう。

 (中国証券報 12月5日)