1. HOME
  2. 中国 【エネルギー全般・政治経済】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

中国
【エネルギー全般・政治経済】

石炭と電力の一体化は大きな方向性 国家能源投資集団董事長 (18/03/05)
2018/3/5
中国【エネルギー全般・政治経済】

 全国政治協商会議委員で国家能源投資集団董事長(会長)の凌文氏は中国証券報の取材に対し、「今後エネルギー分野でもっと再編を増やすべきだ。石炭と電力の一体化は大きな方向性になる」と表明した。

 凌文氏は中国神華と国電電力の統合の進展について「大いに満足している」と述べ、国有資産の戦略的再編は大きな方向性であり、特に石炭と電力の一体化は大きな方向性であるとした。凌文氏によると、神華集団と国電集団の合併は中央政府の部署であるとともに、企業が望んだものでもある。合併後はますます好ましい発展を示し、現在は経営もうまく行っているとのことである。

 エネルギー分野で中央企業の混合所有制改革が今後さらに進むのかどうかについて、凌文氏は、企業自身の選択と中央政府の支持如何によって決まると指摘し、「但しこれは必ず大きな方向性になると確信している」と述べた。また、凌文氏は一刀両断式の「脱石炭化」は理知的ではないと指摘し、「我々石炭産業の進歩を客観的に見るべきだ」と呼びかけた。

 (中国証券報 3月5日)