1. HOME
  2. 中国 【新エネルギー】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

中国
【新エネルギー】

中国が3年がかりで新エネ車充電保障能力向上を目指す (18/12/10)
2018/12/10
中国【新エネルギー】

 国家発展改革委員会は12月10日、3年がかりで充電技術水準を大幅に向上させるよう努めると表明した。充電施設と製品の品質を高め、充電標準体系を速やかに完備し、充電施設の部署を全面的に最適化する。充電ネットワークの相互連携・融通能力を顕著に増強し、充電運営サービスのクオリティを速やかにグレードアップし、充電インフラの発展環境と産業構造のさらなる最適化を進める。

 国家発展改革委員会、国家能源局、工業情報化部及び財政部が策定した「新エネ車充電保障能力向上行動計画」は次のような指針を提示している。

  • 充電技術の研究と充電施設及び製品の開発を強化し、新エネ車の様々なシーンでの充電ニーズを満たすようにする。
  • 充電施設の運営効率を高め、「ゾンビ充電パイル」を活性化する。
  • 充電施設建設専門計画の動態的な起草を進め、老朽居住区の充電パイルや都市中心部の公共充電施設といった建設上の難題を解決するため万策を講じる。
  • 充電インフラの土地利用政策の明確化と細分化を進める。
  • 充電施設の電力の接続を新エネ車発展の基礎付帯施設として総合的な計画と考慮を進める。
  • 充電インフラ情報の相互ネットワークを速やかに構築、完備する。
  • 新エネ車と充電施設の産業標準の間で協調と統一を促進し、電気自動車の充電施設の国際標準化を積極的に展開する。

 「行動計画」は次のように指摘している。中国の新エネ車は市場化発展に向けた重要な時期にある。近年、中国の充電インフラは急速に発展し、設置済みの充電パイルは60万本を超える。しかしながら、新エネ車と充電施設はなお発展過程にあり、特に充電インフラには建設用地難や低い運営効率といった問題が付きまとい、依然として新エネ車の発展を制約する不足部分の一つであり続ける。

 (新華網 12月10日)