1. HOME
  2. 中国 【電力】
  • VIPsの話題
  • 研究のDerivatives
  • 統計

中国
【電力】

中国国家電網公司が電力IoTの建設を加速 (19/03/11)
2019/3/11
中国【電力】

 国家電網公司の先日の発表によると、同社はユビキタス電力IoTの建設配置を全面的に進めるとのこと。

 国家電網の寇偉董事長(会長)によると、ユビキタス電力IoTの建設は「三型両網」の建設を推進する上で重要な一環になる。

 ユビキタス電力IoTとは、モバイルインタラクティブ、人工知能といった現代的情報技術や先進的通信技術を活用して、電力系統の各プロセスのIoE(Internet of Everything)とマンマシーンインタラクティブを実現し、状況の全面的感知、高効率の情報処理や便利で機敏な応用といった特徴を備えるスマートサービスシステムである。感知層、ネットワーク層、プラットフォーム層、応用層の4層構造を包摂する。ストロングスマートグリッドとユビキタス電力IoTは相互補完の形で融合的に発展して、強大な価値創造プラットフォームを形成するとともに、エネルギーフロー、業務フロー、データフローの「三流合一」のエネルギーインターコネクションを構成する。

 国家電網は2021年までにユビキタス電力IoTを基本的に形成し、業務協働作業とデータコネティビリティをほぼ実現するともに、初級段階の統一的なIoTマネジメントを実現し、電力グリッド業務と新興業務の発展をサポートする。そして、2024年までにユビキタス電力IoTを完成し、業務協働作業、データコネティビリティ並びに統一的なIoTマネジメントを全面的に実現し、企業クラスのスマートエネルギー総合サービスプラットフォームに強大な機能を付与し、共同建設・共同管理・共有のエネルギーインターコネクションエコシステムを全面的に形成する。

 (中国能源網 3月11日)

●「三型両網」…国家電網は2019年工作会議で「三型両網」企業の創出を提唱。「三型」とは「中枢型」「プラットフォーム型」「共有型」、「両網」とは「ストロングスマートグリッド」と「IoT」を意味する。